見て触れて楽しんで、お土産にもなる「京都和紙」のお店

カテゴリ : 京の逸品に出会うお買物

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
和紙の専門店を訪れると、そこに溢れんばかりの艶やか「和の色彩」の豊かさに圧倒されます。

和紙は和服にも共通する、多様な色と素材、デザイン、さらにそれを組み合わせる面白さを持った文化です。京都では専門店で和紙の魅力にどっぶり使ってみるのも一興です。

博物館のように楽しめて、お土産も買える「和紙専門店」

唐長四条烏丸店

  • 出典:唐長四条烏丸店

  • 唐紙(からかみ)とはふすまに貼る紙のこと。実際にふすまに貼る唐紙をオーダーすると数万円ですが、COCON烏丸内にあるこちらのお店ではカードなどで購入して楽しむことができます。

    インテリアとしての唐紙をオーダーできるアトリエ 雲母唐長は、ウェブで予約して見学することができます。

裏具

  • 出典:楽紙館

  • 小さなメモ帳「まめも」がお土産品として女性に大人気の、はがき・封筒などのお店です。

楽紙館(らくしかん)

  • 出典:楽紙館

  • 京都文化博物館内1階にある紙製品のお店です。「包むための紙」「素材としての紙」「書くための紙」「飾る紙」など、あらゆる用途の紙製品が色とりどりに並びます。

鳩居堂

  • 出典:鳩居堂

  • 東京の人は銀座鳩居堂が有名だから、「京都でわざわざ・・・」と思うかもしれませんが、寛文三年から続く由緒正しい本店はこちらです。現代的なセンスで使いやすい「封筒」「ぽち袋」などが揃っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。



京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク