こだわりで選ぶ!続・一人で行くべき小さな美術館・博物館7つ

カテゴリ : 伝統と最新アートの融合

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
京都にはユニークで楽しい、小さな美術館・博物館がたくさんあります。「自分だけのお気に入り!1人で行くべき小さな美術館・博物館7つ」の続編として、さらに7つのミュージアムをご紹介します。

月桂冠大倉記念館

  • 画像引用元:月桂冠大倉記念館

  • かつての酒蔵の建物が博物館となっていて、往時の伏見の酒造りの雰囲気を味わうことができます。楽しみな利き酒もあります。純米酒のお土産つきで入館料300円。

アサヒビール大山崎山荘美術館

  • 画像引用元:アサヒビール大山崎山荘美術館

  • 最寄駅はJR山崎駅と阪急大山崎駅、京都郊外の豊かな緑に囲まれ、建物もエレガントな美術館です。安藤忠雄設計の別館ではモネの「睡蓮」連作の常設展示が見られます。また、2階テラスからは宇治川・木津川・桂川と山々の雄大な景色を堪能できます。入場料700円。

清水三年坂美術館

  • 画像引用元:清水三年坂美術館

  • 清水寺の参道・三年坂にある小さな美術館です。清水界隈は見どころがたくさんあるので行きそびれる人も多いですが、幕末、明治の金細工、蒔絵、薩摩焼など、手の込んだ工芸品はとても見ごたえがあります。入場料800円。

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

  • 画像引用元:霊山歴史館

  • 坂本龍馬・新撰組・維新の志士に興味がある人なら一度は行くべき。一番の見どころは「坂本龍馬暗殺に使われた刀」で、他にもさまざまな歴史を伝える品が展示されています。常設展の入場料500円。歴史館向かいの山には維新の志士が祀られています。

お辨當箱博物館

  • 画像引用元:お辨當箱博物館

  • 五条にある「半兵衛麩本店」の2階にある、無料開放されている博物館です。お弁当箱という切り口から、古い京都人の「エコな暮らし」「季節の楽しみ」などが伝わってきて、楽しめます。

京都工芸繊維大学  美術工芸資料館

  • 画像引用元:美術工芸資料館

  • 大学の前身である京都高等工芸学校が教材として収集した絵画・彫刻・工芸品などを展示しています。創設時の教授で建築家だった武田五一らが欧州で集めたされるコレクションなどに、京都モダニズムの源流を見てとることができます。

重森三玲庭園美術館

  • 画像引用元:重森三玲庭園美術館

  • 重森三玲は昭和を代表する庭園家で、ダイナミックな枯山水庭園を遺しています。三玲の名前は知らなくても、代表作「東福寺の市松模様の庭」といえば、見たことがある人が多いでしょう。重森三玲の旧宅で庭園、書院、茶室などを見ることができます。見学は予約制で、見学料は1000円。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。



京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク