朝ドラ「ごちそうさん」に登場した建築家の建物を見に行く

カテゴリ : イベント・体験・名所案内

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
人気を博した朝ドラ「ごちそうさん」で、主役の東出昌大さんと絡んだ、ムロツヨシさん演じる「ちょっと変だけど仕事ができる建築家・竹本教授」を覚えている人も多いと思います。

実は竹元教授には実在のモデルがいます。それが、「関西近代建築の父」と称される「武田五一」です。明治時代にヨーロッパ留学して西洋建築を学び、帰国後は関西で数々の建物を手がけました。

武田の作品は、当時最新の西洋建築でありながら、日本の現在の街並に見事に調和しています。京都で武田五一の建物をめぐってみるのはいかがでしょうか?

意外な建物も!京都市内の武田五一作品

  • 出典:京都府立図書館

  • 京都府立図書館
    平安神宮そばにある「京都府立図書館」は、明治6年に京都府が「集書院」として開設、公立の公開図書閲覧施設としては日本最初という、由緒正しい図書館です。

    阪神淡路大震災で建物に被害が生じたため建替えとなりましたが、旧館の建物の一部を保存して残しました。
  • 出典:京都市役所本庁舎

  • 京都市役所本庁舎
    京都市役所・本庁舎はシンメトリーのバロック風をとりいれた建築。荘厳な外観を今も誇っています。こちらは武田五一が顧問として関わったといわれています。
  • 出典:京都大学工学部、本館「時計台」

  • 京都大学工学部、本館「時計台」
    京都大学では、工学部、本館などが武田の作品です。京大のシンボルとして親しまれてきた「時計台」がある本館は、耐震工事後に百周年時計台記念館となり、一般の人も入れる施設となっています。

    京都大学の公式サイトによると、キャンパス内は見学自由、博物館、カフェ・レストランなども利用できるとのこと。一度ゆっくり時間をかけて散策してみたいですね!
  • 出典:1928ビル

  • 1928ビル
    京都三条通にある「1928ビル」は旧大阪毎日新聞社京都支局。天井が広いホールが今はアートスペースとして活用されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。



京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク